car magazine

OLD RACING CAR FILE

FILE1:HONDA RA301
1968年シーズン用の3リッターF1。エンジンは前年のRA273Eの流れを汲むRA301E V12ユニット。これはシャシー・ナンバーRA301-802で、最終戦メキシコGPに持ち込まれた仕様。J・サーティースのレースカーとなったRA301-801と比べるとモノコックがマグネシウムからアルミ合金になるなど、多くの点が変更されているのが特徴。現在はホンダ・コレクション・ホールに展示されている。2004年11月撮影、本誌319号掲載。撮影:奥村純一

1968年型ホンダRA301-802 メキシコGP J・ボニエ使用車
RA301-802は丸く小さい前ウイング、幅の狭い後ウイングが特徴
   
コックピット。モノコックはアルミ製
 
コックピット。レブカウンターは16000r.p.m.まで
   
3リッター V12 RA301Eユニット。
 
サスペンション、ウイング・ステーを横から
 
リア・サスペンションを後ろから
フロント・カウルを外した状態
 
フロント・サスペンション、ラジエーター周りのアップ
オリジナルのホイールとファイアストン製タイヤ。