car magazine
web contents menu
Bow's Cafe
旧車長期レポートWEB
潜入!裏カー・マガジン
ビートル大盛、麺固め
イベント・ニュース&レポート
オーナーズ・クラブ通信
デスクトップ・ガレージ
GTレーサー桧井保考 ル・マンへの道
ムービー カー・マガジン
ヒストリックカー大図鑑
オールド・レースカー写真館
バザール・オンライン

HISTORIC CAR FILE

JAGUAR XK140
ジャガー XK140
MODEL YEAR 1955〜1957年

JAGUAR XK140

ヒストリー
1949年に発表された、イギリス初のスポーツカーともいえるジャガー・XK120。その正常進化版が、このXK140である。登場はXK120の発売から6年後の’55年。外観における大きな違いは、グリルベーンの本数が減らされ、新形状のフロント・グリルが採用されたこと。またジャガーのエンブレム“グローワラー”も、このグリル内に埋め込まれている。見えない部分では、エンジン搭載位置を前進させ、クーペのルーフラインを修正することにより、室内寸法が大幅に向上。+2ではあるがリア・シートが新設されている。このリア・シートには、トランク・スルー構造も備わるという先進性を誇ったと。エンジンは、新たに190psまで出力が高められた直列6気筒XKエンジンを標準搭載。そのほかオプション・エンジンとして、Cタイプ・レーシングモデルのシリンダーヘッドを搭載した210ps仕様も存在していた。このCタイプ・ヘッドは赤く塗装され、カムカバーにもその素性を示すエンブレムが備えられた。途中、幾度かのマイナーチェンジが行われ、後期型ではボルグワーナー製のオートマティック・トランスミッションも装備された。


JAGUAR XK140

specification
全長×全幅×全高:4270×1550×1270mm
車輌重量:1220kg
エンジン形式:DOHC水冷直列6気筒
総排気量:3442cc
最高出力:190HP/5000r.p.m.
最大トルク:29.0kg-m/2500r.p.m.
燃料供給:キャブレター
トランスミッション形式:4段M/T
サスペンション(F/R):Fウィッシュボーン+トーションバー Rリーフリジッド
ブレーキ(F/R):F ドラム R ドラム
タイヤサイズ(F/R):6.00×16


メーカー・車種一覧に戻る