HISTORIC CAR FILE

CITROEN SM
シトロエン SM
MODEL YEAR 1970〜1975年

CITROEN SM

ヒストリー
1960年台後半、数々のメーカーがミドシップ・スポーツモデルを発表する中、シトロエンはトラクシオン・アバンより続くFF方式に拘りつづけていた。そのためシトロエンは自社が信じるFF方式で高性能スポーツモデルを作り、世界に技術力の高さを証明しようとしたのである。こうして同社は社運を賭けて開発したFFスポーツモデルのSM を、1970年のジュネーブショーに送り込むこととなる。エンジンは当時提携関係にあったマセラティ社に委ねられ、新開発のV6エンジンが搭載された。最高出力は170HP/5500r.p.mを発生し、最高速度は220km/hと他メーカーのミドシップモデルに決して劣らぬ仕上がりをみせていた。デビューから2年後の'72年には最初のマイナーチェンジがおこなわれ、燃料供給がウェーバー3基からボッシュDジェトロニックへと変更になる。これにより、出力も178HP/5500r.p.mへと向上し、最高速度も228km/hを記録した。さらに翌'73年には米国輸出用として3リッターのモデルが登場し、大部分が3段A/Tと組み合わされた。こうして'75年までの5年間に渡り生産されたSMだが、同年マセラティとの提携が打ち切られると同時に、生産が終了した。

CITROEN SM

CITROEN SM

CITROEN SM

specification
全長×全幅×全高:4893×1836×1324mm
車輌重量:1450kg
エンジン形式:水冷V型6気筒DOHC
総排気量:2670cc
最高出力:170HP/5500r.p.m
最大トルク:23.5kg-m/4000r.p.m
キャブレター:ウェーバー42DCNF2×3
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション:(F/R):ダブル・ウィッシュボーン+ハイドロニューマティック/トレーリング・アーム+ハイドロニューマティック
ブレーキ(F/R):Fディスク/Rディスク
タイヤサイズ(F/R):195/70VR15


メーカー・車種一覧に戻る