HISTORIC CAR FILE

LAMBORGHINI MIURA P400
ランボルギーニ ミウラ P400
MODEL YEAR 1967〜1971年

LAMBORGHINI MIURA P400

ヒストリー
ランボルギーニの名を一躍世界的に有名にしたミウラは、1965年のトリノショーでシャシー、エンジンのみのボディレスという状態で衝撃的なデビューを飾った。エンジンはジオット・ビッザリーニ設計のV12をベースとし、ジャン・パオロ・ダラーラ設計によるシャシーに横置きに搭載したもので、クランクケースはギアボックスと一体となっていた。翌66年のジュネーブショーで、ベルトーネによるデザインのボディを載せ公表されたミウラは、いくつかの変更を加えられた後、'67年にP400ミウラとして生産に移されることとなる。その後1968年に370HPにパワーアップしたP400S、'71年には 385HPを発揮し、リアタイヤのワイド化に伴いワイド・フェンダーとなったP400SVへと発展し、合計765台が生産されたという。


LAMBORGHINI MIURA P400

LAMBORGHINI MIURA P400

LAMBORGHINI MIURA P400

specification
全長×全幅×全高:4360×1760×1055mm
車輌重量:980kg
エンジン形式:空冷V型12気筒DOHC
総排気量:3929cc
最高出力:350HP/7000r.p.m.
最大トルク:37.5kg‐m/5100r.p.m.
燃料供給:ウエーバー40IDL×3
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション:F:ダブル・ウィッシュボーン +コイル/スタビライザー R:ダブル・ウィッシュボーン +コイル/スタビライザー
ブレーキ(F/R):ディスク
タイヤサイズ:(F/R)205HR15


メーカー・車種一覧に戻る