HISTORIC CAR FILE

MASERATI KHAMSIN
マセラティ カムシン
MODEL YEAR 1974〜1982年

MASERATI KHAMSIN

ヒストリー
‘70年代初頭に、ボーラそしてメラクというミドシップカーを矢継ぎ早に発表したマセラティであったが、それと前後してギブリの後継車種にあたるFRのGTカーの開発も行なっていた。ギブリは1500台以上のセールスを記録しただけに、後継車種に対する期待は大きかった。その回答として、’73年に登場したのがカムシンである。ボディ・デザインは、ギブリを担当したギアからベルトーネへと変更された。後方視界確保のためリアのバックパネルをガラス製にするなど、デザイン的工夫も多々加えられていた。ブレーキやステアリングにシトロエンのハイドロ制御が用いられているのもユニークなポイントといえる。しかしオイルショックなどの影響もあり、421台が生産されたにとどまっている。


MASERATI KHAMSIN

specification
全長×全幅×全高:4394×1768×1194mm
ホイールベース:2550mm
車輌重量:1680kg
エンジン形式:水冷V型8気筒DOHC
総排気量:4930cc
最高出力:280PS/5500r.p.m
最大トルク:最大トルク:48.8kg-m/4000r.p.m
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション:(F/R):ダブルウィッシュボーン+コイル/ダブルウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ディスク
タイヤサイズ:(F/R)215/70VR15/215/70VR15




メーカー・車種一覧に戻る