HISTORIC CAR FILE

LAMBORGHINI ISLERO
ランボルギーニ イスレロ
MODEL YEAR 1968〜1969年

LAMBORGHINI ISLERO

ヒストリー
ランボルギーニの市販1号車となった350GT/400GTが、ボディ製作を担当していたトゥーリングの解散により、1967年末に生産中止を余儀なくされたことを受け、その後継車種として’68年に登場したのがイスレロである。そんな誕生経緯もあって、ドライブ・トレインのほとんどは350GT/400GTのものが流用されているが、ランボルギーニ自製となったボディは一新された。しかし、販売面では苦戦し、’68年にはわずか125台が生産されたにとどまっている。そうした状況に対処するために、翌’69年には、エンジン出力を従来の320馬力から350馬力にまで高めたイスレロSへと進化したが、販売はさらに落ち込み、この年をもってイスレロの生産は中止されてしまった。


LAMBORGHINI COUNTACH LP400

LAMBORGHINI ISLERO

specification
全長×全幅×全高:4525×1730×1300mm
ホイールベース:2550mm
車輌重量:1315kg
エンジン形式:水冷V型12気筒DOHC
総排気量:3929cc
最高出力:320PS/6500r.p.m
最大トルク:38.0kg-m/4500r.p.m
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン+コイル/ダブルウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ディスク
タイヤサイズ(F/R):205/70VR15/205/70VR15


メーカー・車種一覧に戻る