HISTORIC CAR FILE

FORD GT40
フォード GT40
MODEL YEAR 1961〜1969年

FORD GT40

ヒストリー
'60年代当時、フォード・モーターカンパニーのトップであったヘンリー・フォード2世は、生粋のモータースポーツ好きとして知られていた。なかでも有名なのが、世界耐久選手権におけるシェルビー・コブラの活躍と、このGTプロトタイプ・レースカーであるGT40の存在だ。打倒フェラーリを旗印に開発されたGT40は、アルミ製ツインチューブ・モノコックフレームのシャシーを持ち、フォード製V8をミッドシップマウントする「ローラGT」シャシーをベースに開発されたのである。米英の共同開発によって誕生したこのマシンは、289cu.in.ハイパフォーマンス・ユニットが組み合わされ、当時フェラーリの独壇場であった世界最高峰の耐久レース『ル・マン24時間耐久』に参戦する。そして'64年の初参戦から2年後の'66年、GT40はフォードの新しいレースカー&試作車開発部門「カー・クラフト」の手により427cu.in.サイドオイラー・エンジンが新たに搭載され、GT40マーク?へと大幅に戦闘力を向上。なんと表彰台を独占する1-2-3フィニッシュを成し遂げた。その後、'66〜'68年とル・マン24時間耐久レースを3連覇し、GT40の名称は不動のものとなったのである。


FORD GT40

FORD GT40

FORD GT40

specification
全長×全幅×全高:4065×1778×1028mm
車輌重量:1005kg
エンジン形式:OHV水冷V型8気筒
総排気量:4736cc
最高出力:380ps/6500r.p.m.
最大トルク:45.6kg-m/5500r.p.m.
トランスミッション形式:フロア式5段M/T
サスペンション:(F/R):ダブルウィッシュボーン/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(F/R):ディスク/ディスク
タイヤサイズ:F/5.50-15 R/7.00-15


メーカー・車種一覧に戻る