car magazine

HISTORIC CAR FILE

ALFA ROMEO GIULIA SPRINT 1600GT
アルファロメオ ジュリアスプリント 1600GT
MODEL YEAR 1963〜1968年



ヒストリー
戦後のアルファを代表する中核モデル、ジュリエッタ・シリーズの後継として1962年に発表されたジュリア・シリーズ(最初はベルリーナのみ)のクーペ・バージョンとして1963年にデビューしたのが、ジュリア・スプリントGTである。特徴的なボディ・スタイルをデザインしたのはまだ兵役中だったベルトーネの若きチーフ・デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ。総アルミ製直4DOHC1600ユニットなどメカニズムは基本的にジュリエッタから踏襲されたが、ギアボックスが4段から5段に、ブレーキが4輪ディスク・ブレーキになるなど、いくつかの変更を受けていた。そんなジュリア・クーペに初めて大きな変更が加えられるのは'68年のこと。1750GTVの登場とともに“フラットノーズ”と呼ばれるボディ・スタイルが採用されたのである。その後も様々な改良を加えられながらジュリア・シリーズは1977年まで生産され、シリーズ合計の総生産台数が21万台以上を数えるベストセラー・モデルとなった。







specification
全長×全幅×全高:4076×1587×1320
車輌重量:950kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1570cc
最高出力:106hp/6000r.p.m.
最大トルク:14.2kg-m/2800r.p.m.
燃料供給:ホリゾンタル・ウエーバー40DCOE×2
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション(F/R):F ダブルウィッシュボーン+コイル R トレーリング・リンク+コイル
ブレーキ:ディスク
タイヤサイズ:155×15


メーカー・車種一覧に戻る