HISTORIC CAR FILE

FIAT 600/600D
フィアット 600/600D
MODEL YEAR 1955〜1969年

FIAT 600

ヒストリー
戦後すぐフィアットは500トポリーノに代わる新型スモールカーの開発に着手する。しかし、2人乗りのトポリーノと同じサイズで、大人4人が乗車できるパッケージングを確保するのは難しく、'50年代に入っても開発は難航していた。しかし、設計者のダンテ・ジアコーザにより当時としては革新的なRRレイアウトが採用され、合理的なパッケージングが導き出された。こうして1955年のジュネーブ・ショーでデビューしたのが600である。全長は3215mm でトポリーノと変わらないものの、Aピラーを立て、ルーフを伸ばし、フロント・シートを前寄りへ移すことにより、大人4人の乗車を可能にした。リアに搭載されるエンジンは633ccの水冷直列4気筒OHVユニットで、最高出力は19HP/4600r.p.m.を発揮。最高速度も100km/hを記録した。デビューから5年後の'60年にはモデル・チェンジが行われ、600Dへと変化する。重要な変更点はエンジンの排気量が633ccから767ccに拡大されたことで、最高出力は29HPに向上。最高速度も110km/hまで到達している。こうして600、600Dは1969年まで生産が行われ、総生産台数 245万2107台を記録するヒットモデルとなった。


FIAT 600

FIAT 600

FIAT 600

specification
全長×全幅×全高:3215×1380×1405mm
車輌重量:585kg
エンジン形式:水冷直列4気筒OHV
総排気量:633cc
最高出力:19HP/4600r.p.m
最大トルク:4.0kg-m/3000r.p.m
キャブレター:ウェーバー22IM、22DRA.
トランスミッション形式:4段M/T
サスペンション:(F/R):ウィッシュボーン+横置リーフ/スイング・アスクル+コイル
ブレーキ(F/R):ドラム
タイヤサイズ:(F/R)5.20×12


メーカー・車種一覧に戻る