HISTORIC CAR FILE

CHEVROLET CAMARO
シボレー カマロ
MODEL YEAR 1970〜1973

CHEVROLET CAMARO

ヒストリー
フォード・マスタングに対抗する形で、’67年に登場したシボレー・カマロ。’70年式では、そのモデル・ライフにおいて初となるフルモデル・チェンジが行われた。ホイールベースこそ108インチ(2743mm)と初代から変わらないものの、ボディは全長が2インチ伸ばされ188インチ(4775mm)に、全幅は0.4インチ拡大され74.4インチ(1889mm)へとひとまわり大型化された。いっぽう全高は1.1インチ下げられ(1282mm)となり、よりスポーツカーらしさが増している。ボディ・デザインではリアクォーター・ウインドーがないことと、そのぶん長くなったドアが印象的だ。エンジン・ラインナップは250cu.in.の直列6気筒(155HP)をボトムレンジに、そのほかは307cu.in.(200HP)、350cu.in.(250HP/300HP)と3種類のV型8気筒が組み合わされた。そのほかハイ・パフォーマンスモデルとして知られるSS396は、2種類の396cu.in.(350HP/375HP)を搭載。最強グレードであるZ28にいたっては、LT-1と呼ばれた350cu..in.を搭載、360HPものハイパワーを誇った。


CHEVROLET CAMARO

CHEVROLET CAMARO

CHEVROLET CAMARO

CHEVROLET CAMARO

specification
全長×全幅×全高:4775×1889×1282mm
エンジン形式:OHV水冷V型8気筒
総排気量:350cu.in.
最高出力:250HP/4800r.p.m.
最大トルク:47.7kg-m/2800r.p.m.
燃料供給:キャブレター
トランスミッション形式:3段A/T
サスペンション(F/R):Fダブルウィッシュボーン+コイル Rリーフリジッド
ブレーキ(F/R):F ディスク R ドラム
タイヤサイズ(F/R):E78-14



メーカー・車種一覧に戻る