HISTORIC CAR FILE

MASERATI BORA
マセラティ ボーラ
MODEL YEAR 1971〜1979年

MASERATI BORA

ヒストリー
ライバルであるフェラーリや新興勢力ランボルギーニが続々とミドシップのスーパーカーを発表する中、FRを守り続けた老舗マセラティが、'71年のジュネーヴ・ショーで発表したミドシップ・マシーンがボーラだ。スマートなボディを持つライバル・メーカーの各モデルに対し、量感たっぷりのグラマラスなボディは巨匠ジョルジェット・ジウジアーロによるもの。当時のスーパーカーのセオリーどおりリア・ミドシップとされたパワーユニットは4.7リッター V8DOHCで280km/hの最高速度をマーク。ライバル・モデルが12気筒エンジンを搭載していることを考えるとV8エンジンは洗練度が低いイメージがあるが、丁寧に作り込まれたユニットは荒々しさがなく、座り心地のいいシートと相まって、ボーラにグランド・ツアラー的な乗り心地を与えている。ブレーキサーボやシート高上下、果ては各ペダルのリーチ調整には、開発・発表当時の親会社シトロエンから継承したハイドロ・ニューマティックが使用されている。この独特のシステムはボーラを前衛的スーパーカーに見せているが、その点以外は当時のマセラティ、そして熟練のエンジニア、ジュリオ・アルフィエーリの作品らしく、技術的にはコンベンショナルながら良く練り込まれたモデルである。


MASERATI BORA

MASERATI BORA

specification
全長×全幅×全高:4335×1768×1134mm
車輌重量:1400kg
エンジン形式:DOHC水冷V型8気筒
総排気量:4709cc
最高出力:330ps/6000r.p.m.
最大トルク:46.9kg-m/4200r.p.m.
キャブレター:ウェーバー42 DCNF
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション:(F/R):Fダブルウィッシュボーン+コイル&Rダブルウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ディスク
タイヤサイズ:(F/R)215/70R15

メーカー・車種一覧に戻る