HISTORIC CAR FILE

PORSCHE 930TURBO
ポルシェ 930ターボ
MODEL YEAR 1975〜1977

PORSCHE 930TURBO

ヒストリー
ターボ・ユニットを搭載したレーシング・マシーン、917により'72、'73年のcan−amシリーズを制したポルシェは、レースフィールドで培ったターボ・ユニットのノウハウをさっそく市販モデルにフィードバックする。その第1作目として、'73年に行なわれたフランクフルトショーにてターボ・ユニットを搭載した911ベースのプロトタイプが公開されることとなった。最高出力は280馬力、最高時速は280km/hとアナウンスされていた。
 その市販モデルは930ターボと銘打たれ、翌年のパリサロンでデビュー。RS3.0の911/77ユニットにKKK製のタービンを1基組み合わせた930/50型ユニットは、当時市販車としては最高出力となる260馬力を発揮していた。ボディは同年にモデル・チェンジした911シリーズ同様ビックバンパーとなったが、前後のフェンダーは大きく膨らまされ、専用のリア・ウイングも装着された。
 '78年になると排気量が3299ccまで拡大されるとともに、大型のインタークーラーが装着された930/60型ユニットを搭載。最高出力はついに300馬力に達する。その後’80年になると930ターボから911ターボとネーミングが変更され、911シリーズが964ボディに移行する’89年まで911のフラッグシップ・モデルとして生産が続けられた。


PORSCHE 930TURBO

PORSCHE 930TURBO

PORSCHE 930TURBO

specification
全長×全幅×全高:4291×1775×1304mm
ホイールベース :2271mm
トレッド(F/R):1432/1502mm
車輌重量:1200kg
エンジン形式:空冷水平対向6気筒SOHC
ボア×ストローク:95×70.4mm
総排気量:2994cc
圧縮比:6.5:1
最高出力:260PS/5500r.p.m
最大トルク:35.0kg-m/4000r.p.m
燃料供給:ボッシュKジェトロニック
トランスミッション形式:4段M/T
サスペンション(F/R):マクファーソン・ストラット+トーションバー/トレーリングAアーム+トーションバー
ブレーキ(F/R):ディスク/ディスク
ステアリング形式:ラック・アンド・ピニオン
タイヤサイズ:(F/R)185/70VR15/215/60VR15

メーカー・車種一覧に戻る