HISTORIC CAR FILE

FERRARI 365GTB/4 DAYTONA
フェラーリ 365GTB/4デイトナ
MODEL YEAR 1968〜1973年

Ferrari 365GTB/4 Daytona

ヒストリー
250GT、275GTB/4に次ぐベルリネッタとして’68年のパリサロンでデビューしたのが365GTB/4デイトナである。デイトナのネーミングは’67年のデイトナ24時間レースでフェラーリ330P4が1-2-3フィニッシュを決めたことを記念して付けられたもの。誕生当初、ピニンファリーナ・デザインの外観上の意匠でポイントとなっていたのは、プレキシグラスで覆われたヘッドライトであった。しかし’70年に米国仕様が先行してリトラクタブル化され、翌’71年からはすべての仕様がそれに準じている。’69年にはスパイダー・ボディのGTSも追加。エンジンは275GTB/4よりも1000cc近く排気量アップした4.4リッターのV12が搭載されていた。


Ferrari 365GTB/4 Daytona

specification
全長×全幅×全高:4425×1760×1245mm
ホイールベース:2400mm
車輌重量:1200kg
エンジン形式:水冷V型12気筒DOHC
総排気量:4390cc
最高出力:352PS/7500r.p.m
最大トルク:44.0kg-m/5500r.p.m
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション:(F/R):ダブルウィッシュボーン+コイル/ダブルウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ディスク
タイヤサイズ:(F/R)215/70VR15/215/70VR15




メーカー・車種一覧に戻る