HISTORIC CAR FILE

FERRARI 365GT4BB
フェラーリ 365GT4BB
MODEL YEAR 1973〜1976年

FERRARI 365GT4BB

ヒストリー
カウンタックのライバルとして知られる365GT4/BBは、フェラーリのロードカーとしてはじめて12気筒エンジンをミドシップ・レイアウトに搭載したモデルとして知られている。365GT4/BBが登場する以前にフェラーリのフラッグシップとして君臨していたのはフロント・エンジン後輪駆動方式の365GTB/4デイトナであったが、ライバルのランボルギーニがミウラおよびカウンタックというミドシップ車をたて続けにリリースしたことを受けて、フェラーリはカウンタックに遅れること約半年というタイミングで4390ccの12気筒エンジンをミドシップ搭載した365GT4/BBを送り出したのである。
 なお、BBとは水平対向(正確にはバンク角180度のV12)を表すボクサーと、クーペを意味するベルリネッタの頭文字を合わせたもので、365は1気筒あたりの排気量、約365cc を表していた。
 ’71年のトリノショーにおいてプロトタイプが公開され、’73年から本格的に生産が開始された365GT4/BBは、’76年に排気ガス規制の強化によるパワーダウンや生産性およびコストダウンによる重量増をリカバーするために排気量を4942ccへと拡大した512BBへとバトンタッチ。最高出力を365GT4/BB時代の380馬力 から360馬力 へと低下させ、より一層扱いやすいGT的なキャラクターへと路線を変更した。
 その後、アメリカで厳しさを増した排気ガス規制に対応すべく、’81年に機械式インジェクション、Kジェトロニックを手に入れた512BB は512BBiへと進化。始動性をはじめとする各部の扱いやすさを向上させた。なお、512BBまでは2トーンのボディカラーが標準だったが、512BBiでは単色が標準となった。


FERRARI 365GT4BB

FERRARI 365GT4BB

FERRARI 365GT4BB

specification
全長×全幅×全高:4360×1800×1120mm
ホイールベース :2500mm
トレッド(F/R):1500/1510mm
車輌重量:1160kg
エンジン形式:水冷水平対向12気筒DOHC
ボア×ストローク:81.0×71.0mm
総排気量:4390cc
圧縮比:8.8:1
最高出力:380PS/7700r.p.m
最大トルク:42.0kg-m/3900r.p.m
燃料供給:ウエーバー40IF3C×4
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション(F/R):ダブル・ウィッシュボーン+コイル/ダブル・ウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ディスク/ディスク
ステアリング形式:ラック・アンド・ピニオン
タイヤサイズ:(F/R)205/70VR14

メーカー・車種一覧に戻る