HISTORIC CAR FILE

PEUGEOT 205 TURBO16
プジョー 205ターボ16
MODEL YEAR 1984年

PEUGEOT 205 TURBO16

ヒストリー
プジョーがWRC(ラリー選手権)・グループBへ参戦するためのホモロゲーション・モデル、205ターボ16を発表したのは1984年であった。車輌開発はプジョー・タルボ・スポール(PTS)によって行われ、開発責任者は、かつてコ・ドライバーとしてラリー参戦経験を持つジャン・トッドが務めた。1800cc直列4気筒DOHCターボ・エンジンは、横置きでミドシップ・マウントされ、6.5:1の低い圧縮比ながら200HP/6750r.p.m. 、26.0kg-m/4000r.p.m.というパワーを発揮した。また駆動方式はフルタイム4WD、サスペンションも前後鋼管溶接された4輪ダブル・ウィッシュボーン式となるなど、全てがラリー参戦を想定して設計されている。従来のリア・シート位置にエンジンが搭載されたため室内はフロントのみの2シーターとなり、燃料タンクは前後の重量バランスを考えシート下部に設置された。外装部品では左右のドア、前後のウインドーなどは標準車と共用だが、ラリー参戦時の整備性を考えボディのBピラーから後半部はそっくり開閉することができるようになっていた。グループB規定の200台が生産されたのち、206ターボ16は‘84年のツール・ド・コルスでデビューし‘85年、‘86年の2年連続でメイクス・タイトルを獲得している。


PEUGEOT 205 TURBO16

PEUGEOT 205 TURBO16

specification
全長×全幅×全高:3820×1700×1353mm
車輌重量:1145kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC+ターボチャージャー
総排気量:1775cc
最高出力:200HP/6750r.p.m.
最大トルク:26.0kg-m/4000r.p.m.
燃料供給:電子制御燃料噴射
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション(F/R):ダブル・ウィッシュボーン+コイル
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッド・ディスク
タイヤサイズ:210/55VR390


メーカー・車種一覧に戻る




_uacct = "UA-2407590-7"; urchinTracker();