HISTORIC CAR FILE

TOYOTA 2000GT
トヨタ 2000GT
MODEL YEAR 1967〜1970年



ヒストリー
国際的に通用するスポーツカーを目指し、ヤマハ発動機の協力を得て製作がおこなわれたトヨタ2000GT。そのコンセプトモデルが発表されたのは1965年の第12回東京モーターショーであった。トヨタが世界に誇るスペシャリティカーということもあり、市販化へ向けたテストは入念で、谷田部の日本自動車試験場で行われた速度記録チャレンジでは3つの世界記録を樹立している。また、映画「007シリーズ」のボンドカーとしても起用され、市販前から多くの話題を集めた。
こうして'67年5月に市販が開始された2000GTは当初のコンセプトからは若干のリファインを受け、ホイールがワイヤ・スポークからセンターロック式へと変更になったほか幾つかの実用的なモデファイが加えられていた。そして'69年には最初で最後のマイナーチェンジがおこなわれ、ボディは多少の変更を受けて、全高が10mm高くなった。また、フォグランプが小型化され、逆にウィンカーとリフクレクターは大型化されている。この他にも内外装でコストダウンによる意匠の変更が行われたほか、クーラーの設定、A/T仕様の設定など、数々のリファインも同時に行われている。
結局、'67年5月から'70年10月までの3年間半で計337台が生産され、そのうち100台余りが海外に輸出されることとなった。







specification
全長×全幅×全高:4175×1600×1160
車輌重量:2330kg
エンジン形式:水冷直列6気筒DOHC
総排気量:1988cc
最高出力:150HP/6600r.p.m
最大トルク:18.0kg-m/5000r.p.m
燃料供給:ソレックス×3
トランスミッション形式:5段M/T
サスペンション(F/R):ダブル・ウィッシュボーン/ダブル・ウィッシュボーン
ブレーキ(F/R):ディスク/ディスク
タイヤサイズ:165HR15

メーカー・車種一覧に戻る




_uacct = "UA-2407590-7"; urchinTracker();